ゲームカジノ 便利サイト
HOME> その他リンク> レンタルサーバー>

その他リンクサイト

Webサーバ

Webサーバ(ウェブサーバ)は、HTTPに則り、クライアントソフトウェアのウェブブラウザに対して、HTMLやオブジェクト(画像など)の表示を提供するサービスプログラム及び、そのサービスが動作するサーバコンピュータを指す。 広義には、クライアントソフトウェアとHTTPによる通信を行うプログラム及びコンピュータ。

庶民金融論

庶民金融論

庶民金融論―消費者金融を理解するために

新品価格
¥2,700から
(2015/6/4 20:41時点)

庶民金融論

(「MARC」データベースより)庶民金融の歴史的変遷とその内にある思想を、時代背景にも目を配りつつ説き起こし、さらに今日の代表的な庶民金融である消費者金融の現状と問題点を、総合的かつ体系的に論究する。

電子記録債権法

第二条(定義)
一項
この法律において、「電子記録債権」とは、その発生又は譲渡についてこの法律の規定による電子記録(以下単に「電子記録」という。)を要件とする金銭債権をいう。
二項
この法律において「電子債権記録機関」とは、第五十一条第一項の規定により主務大臣の指定を受けた株式会社をいう。
三項
この法律において「記録原簿」とは、債権記録が記録される帳簿であって。磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録することができる物として主務省令で定めるものを含む。)をもって電子債権記録機関が調製するものをいう。
四項
この法律において「債権記録」とは、発生記録により発生する電子記録債権又は電子記録債権から第四十三条第一項に規定する分割をする電子記録債権ごとに作成される電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)をいう。
五項
この法律において「電子記録権利者」とは、この法律の規定に基づき債権記録に記録すべき事項をいう。
六項
この法律において「電子記録名義人」とは、債権記録に電子記録債権の債権者又は質権者として記録されている者をいう。
七項
この法律において「電子記録権利者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に利益を受ける者をいい、関接に利益を受ける者を除く。
八項
この法律において「電子記録義務者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に不利益を受ける者をいい、関接に不利益を受ける者を除く。
九項
この法律において「電子記録保証」とは、電子記録債権に係る債務を主たる債務とする保証であって、保証記録をしたものをいう。

消費者金融一覧ページ

消費者金融一覧HOME クレジットカード一覧 ブランド品買取一覧 いろいろ買取一覧 金融用語