消費者金融口コミ 消費者金融書き込み
HOME> 金融リンク> 消費者金融評判>

金融系リンクサイト

利息

金銭消費貸借契約では、利息と遅延損害金の定めがなされるのが一般的である。利息の契約は利息制限法により以下の通り利率の上限が定められている。元本が10万円未満の場合 - 年20%、元本が10万円以上100万円未満の場合 - 年18%、元本が100万円以上の場合 - 年15%、一般的に金銭消費貸借契約には利息についての定めがおかれることが多いが、本来、利息についての約定がなければ、商人間の行為でない限り無利息となる。商人間の場合は、当然に利息付となる。利息を付す定めがあるにもかかわらず利率についての定めがなければ、法定利息である年5%の定めがあったものとされる。また、商行為について生じた債務の場合は、商事法定利息として年6%の定めがあったものとされる。

クレジット・消費者金融のトラブルが解決できる

クレジット・消費者金融のトラブルが解決できる

クレジット・消費者金融のトラブルが解決できる―契約問題から悪質商法・借金整理まで

新品価格
¥1,728から
(2015/6/4 17:13時点)

クレジット・消費者金融のトラブルが解決できる

(「BOOK」データベースより)貸金業法・割賦販売法が大幅に改正され、借入に年収制限が導入された。クレジット契約を規制する割賦販売法について、起きがちな紛争を含めて解説。消費者金融などの貸金業者からの借入で、利息のトラブルや借金整理などを解説。

利息制限法

第三条(みなし利息)
前二条の規定の適用については、金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料、その他いかなる名義をもってするかを問わず、利息とみなす。ただし、契約の締結及び債務の弁済の費用は、この限りでない。

消費者金融一覧ページ

消費者金融一覧HOME クレジットカード一覧 ブランド品買取一覧 いろいろ買取一覧 金融用語